So-net無料ブログ作成

金利と乖離し目先は円安一服も 米経済回復で90円台を目指す

http://diamond.jp/articles/-/29632

ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー田中泰輔

衆院選後の政権がどうなるか、読者が本欄を目にするころには方向性は定まっているだろう。選挙に向けたこの1カ月、次期首相と目された安倍晋三自民党総裁は、従来の次元を超えた金融緩和でデフレ脱却を果たすと繰り返し強調した。

インフレ目標を2%に設定し、政府・日銀が協定を結び、日銀はこのインフレ目標を達成するまでお札を刷り続け、建設国債を全部買い取るという公約である。市場では主に海外勢がこれに素直に反応した。そして「安倍トレード」と称される82円台の円安と日経平均株価で9500円超の日本株高が実現した。

海外投機筋や既存の取引ポジションの調整の動きは速く、円は自然な相場形成を逸脱して下落した。上のグラフが示すように、過去数年にわたりドル円相場の適正水準を示唆する指標であった米国債2年物利回りは0.2%台半ば、対ドル78~79円と整合する水準にとどまっていた(米国債の需給はFRBの追加緩和観測でゆがんでいるものの)。この円急落の背後で、海外投機筋は早々に円売りポジションを従来の上限を超える水準まで積み上げた(下のグラフ参照)。

ただし、この勢いで円安と日本株高が続くとは想定し難い。過剰な円売りポジションを抱えてなお円安が永らえるには、一段の円安材料の燃料補給で円売り回転を促す必要がある。しかし最も強い燃料と目された米雇用(7日発表)が予想より強かったのに、ドル円は11月22日の高値を更新できなかった。

売りポジションが増えているのに円が安くならなかったというズレは相場修正の兆候となる。目先80~83円で膠着した相場となるとみている。ロンドンの街中の立て看板でおなじみの「Mind the gap(段差注意)」をもじって、海外勢には金利とポジションの二つの段差への注意を呼びかけた。

中期的に円安を持続可能にする基本前提が米経済の回復との見方は変わらない。仮に半年後、米経済成長見通しが1.5%ペースにとどまれば、米2年物利回りは低迷し、ドル円は70円台後半に戻るだろう。円高と株価の反落による失望は新政権の支持率に及び、日銀の独立性を台なしにしただけという悪評が立てられかねない。

しかし段差につまずいても、新政権はやがて幸運な追い風を受けるというのがメインシナリオである。米国では住宅・消費指標が底堅さを増している。「財政の崖」を越えるめどが立てば、景気見通しは一段上方修正されるとみる。2013~14年は、米国と新興国の経済が歩調を合わせて(緩慢ながらも)上向き、90円台への円安と日本株の失地回復が進むと期待している。日本の金融緩和はその側面支援効果を発揮する。その場合、新政権の積極姿勢が日本の転機になったと評価されるだろう。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 1

履歴書の書き方

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 履歴書の書き方 (2012-12-23 14:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。